独身男の愛車日記

趣味の車やバイク、お役立ち情報やDIY整備を中心に書き綴っていくブログですっ!

CBR250R(MC41) HRC インレットダクト

こんばんはっ!メビウスですっ

 

 こちらの天気はあいにくの雪からの小雨。そして凍結に見舞われました。

朝は雪。晴れたかと思えば今度は小雨へと変わり、小雨が悪さをし

夜にはブラックアイスバーンに変わりました。

こういう天気は一番たちが悪い気がします(泣

そして何より事故です!一番気を付けなくてはなりませんっ

帰り道でも、スリップが原因とみられる事故が起きていました。

冬は何かと危険な季節。自分も気を付けないといけないですね・・・

 

 さて話は変わりまして、今回は自分のバイクにつけている

HRC インレットダクトについてご紹介してみたいと思います。

HRC インレットダクトとは

f:id:Mobius250:20180106233759j:plain※年式・モデル等の兼ね合いもあるので品番確認は念入りに!

 HRC(ホンダレーシング)から発売されている、CBR250Rレースベース車に

使われているインレットダクト(空気導入ダクト)です。

純正のダクトよりも、太く短い長さで出来ており、取り入れ口も大口に広げてあるため

標準のものよりも、多くの空気をエアクリーナーまで誘導できるようです。

 レースベース車にも使われる部品のため、純正部品扱いとなるため

取扱している通販が少ないですが、品番を調べれてバイク屋さんや

純正部品を取り寄せしてくれるバイク用品店などに頼めば発注することができますし

もちろん少ないですが、通販で入手することもできます。

 

-使用品番・部品名称

17240-KYJ-900 ダクトインレット

※CBR250R(MC41)2013年式の場合

 

<Sponserd Link>

 

装着方法

 装着は至って簡単で、エアクリーナーを外して

純正のインレットダクトを取外して取り変えるだけの

簡単な作業です。難点と言えば少し入れにくいことですが

こちらはシリコンスプレーを塗布して滑りを良くすると取り付けが楽になります。

f:id:Mobius250:20180107000720j:plain※取り付け後

 写真は取り付け後の写真になります。バッテリー側の空気取り入れ口から

空気を吸い、写真では取り外していますが上に取り付けられている

エアクリーナーで空気中のゴミを取り除いてエンジンへと送り込みます。

装着によるメリット・デメリット

 さて、装着によるメリットですが、部品の持つ役割を本来以上に引き上げるので

吸気性能のアップが挙げられます。

たくさんの空気を吸うことができるので、吸気を通じて性能、特に出力の面での

向上が期待できます。また乗り味も低中速が純正より力強くなるので

純正とは少し変わった乗り味を楽しむこともできます。

もちろん、単体での性能向上はわずかなので

社外品の高効率エアクリーナーやマフラー選び。

コンピューターなどを最適化することで、セッティングを楽しめるだけでなく

馬力や、車両特性を変える一助になります。

 

 デメリットの部分では、吸入する空気が増えるので必然的に吸うゴミも多くなり

エアクリーナーの汚れが多くなります。ですので、通常よりもエアクリーナーの

メンテナンス頻度が高くなります。

あとは、吸入空気を吸う時の吸気音も純正より大きくなります。もちろんこちらは

趣味嗜好ですので、静かな音を求める方にはあまりオススメできないかもしれないです。

音つながりで行けば、マフラーの排気音も少し大きくなります。

吸う空気が増えれば、吐き出す空気も若干多くなりますので注意が必要です。

総括

 様々なメリット・デメリットがありますが、値段も安く手を出しやすい

ワークス部品ですので、もしMC41にお乗りの方がいたら

人それぞれ感じ方は違うとは思いますが、ぜひつけて頂いて

純正との違いを比べてみてはいかかでしょうかっ!

 

 ということで、今回はHRC インレットダクトについてご紹介してみましたっ

それでは、またの更新でお会いしましょうっっ!!