独身男の愛車日記

趣味の車やバイク、お役立ち情報やDIY整備を中心に書き綴っていくブログですっ!

シビック タイプR(FD2) つけているハンドルについて

こんばんはっ!メビウスですっ

 

 いやはや。今日は暖かったですね。車の外気温読みでも12℃はありましたっ

昼下がりになるとバイクもちらほら。今日バイクに乗れた方は最高だったに

違いありませんっっ 

車も負けておらず、やはりオープンカーをオープンで走る方もいらっしゃいましたねっ

今日は絶対気持ちよかったと思いますっっっ

有休取っておけばよかった・・・

自分も次の休みには、再びバイクバイクしたいものです。 

 

 さて、話変わりまして今宵はシビック タイプRにつけているステアリングについて

お話してみよう思いますっ

 

 ステアリング。すなわちハンドルは車を操作する上で重要な位置付けにある

操舵装置の一つですね。

毎日握るハンドルも、時にはイメージチェンジしてみたいと思った方など

いらっしゃるのではないでしょうかっ

なので、今宵はハンドルのことなどを含め、愛車につけているハンドルの事なども

含めながらお話してみようと思いますっ

 ステアリングについて

 ステアリングとは、所謂ハンドルと呼ばれているものの名称の一つです。

部品名称的にはステアリング・ホイールが正式な名称になります。

 ステアリング改め、ハンドルは車の走行する方向を決定づける重要な部品です。

車の三大要素である走る・曲がる・止まる。に関わる要素を構成していることからも

重要性が垣間見えることと思います。

 それにしても、最近のハンドルは多機能ですよね。

クルーズコントロールやナビと連動してボリュームを操作できたり

パトルシフトがついたりと多機能の極みですね。

小さい頃はコラムシフトだけ見て、ハイテクだなぁと思ったものです(笑

年月とは恐ろしいものですね(泣

<Sponserd Link>

 

シビック タイプRにつけているハンドル

f:id:Mobius250:20180304211523j:plain

 

 現在つけているステアリング改め、ハンドルです。

MOMOのヴェローチェレーシングの35πです。

80年代から販売されるもので、現在も名高いチューニングカーに採用されていて、

そういった映像でよく装着しているのを見かけます。

 昔からこの操舵以外何もついていない感じのデザインが好きで

細身のスポークなのも握りやすくて好きですっ

 純正は37πですので2πダウンということになりますが

自分の場合、37πだと旋回する時に詰まる感じがするので2π下げています。

純正ハンドルとエアバックモジュール

f:id:Mobius250:20180304212848j:plain

 ちなみに、こちらが取り外した純正ステアリング+エアバックモジュールです。

ホーンを兼ねているところにインフレータという展開モジュールが収納されていて

そういった場面の時に、展開して乗員を保護してくれます。

 ちなみに余談ですが、ハンドル交換をする際にエアバックを搭載している

ハンドルを外して保管する時は、写真の向きで保管します。

f:id:Mobius250:20180304213529j:plain保管してはダメな向き

背面の写真で、中央に見える黄色のものがインフレーターと呼ばれるものです。

この向きだと、万が一、静電気などで誤展開した時にモジュールが

Sマインよろしく空高く飛び上がってしまって非常に危険なので

最初の写真のように、メーカーロゴが正面になるように保管しますっ

 <Sponserd Link>

 

ステアリング交換時の注意点

 ハンドルを交換する際、上記のようにエアバック搭載車の場合は

必然的にエアバックも外すことになりますので、取り扱いは厳重に行う必要があります

ので注意が必要です。

 

 作業手順的には、バッテリーを外して10分ぐらい放置して

車内の待機電力を全て抜いてから、ステアリング+エアバックモジュールの

取外し。という流れになります。

 

 あとは、カプラーの繋ぎ忘れなんかも注意ですね。

カプラーが繋がっていないとダイアグノーシスコードと呼ばれるコードが

車に故障記録として残り、警告灯が点灯してしまいます。

警告灯は車によっては、ディーラー等でしか消せない場合があるので

そこも注意ですね。特に警告灯が付きっぱなしになっている車は

車検にも通らないので厄介です。

 以上は作業時に気を付けたいことですが、次は保険的な注意点です。

社外品に変える多くの場合は、エアバック搭載車を非搭載車にすることになるので

契約している保険によってはエアバック割引きの恩恵を受けれなくなることも

ありえますので、そこは事前に確認が必要になってきます。

 また、エアバックレスになるので警告灯がつかないようにダミーカプラを

噛ませるなど工夫が必要になってきます。

f:id:Mobius250:20180304214645j:plain※ダミーカプラが走行中にズレて点灯

 ちなみに上の写真がSRSエアバック警告灯です。

自分の場合、固定はしていたのですが、走行中にズレたようで点灯しました(笑

点灯後すぐに、二度外れないように固定しなおしディーラーでDTC※1を

クリアしてもらったら復帰しましたっ

 ※1 ダイアグノーシスコード

総括

 ハンドルを交換することによって、操舵性が上がり

サーキットなどを楽しむ方の場合だと、大いにタイムアップが期待できる改造の

一つだと思います。

 ただし、注意点の項目でもお話したように

最近の車両はエアバックが当たり前のようについているので

取扱には細心の注意が必要です。

とはいえ比較的簡単な作業なので、自分でできなくはないですが

自信がない場合などはそういったショップにおまかせするのが

安心で安全だと思いますっっ

 操舵性の向上だけでなく、ルックスも変わるので、

少し変わった雰囲気にしたい方やカスタムをする方で

まだやったことない方がいらしたら、ぜひやってみてはいかがでしょうかっ

純正とは違う雰囲気になること間違いなしですっ

 

 長くなってしまいましたが、今回は愛車につけているハンドルのことと

ハンドルのあれこれについてお話してみましたっ

 

 それではまた、次回の更新でお会いしましょうっっ!!