独身男の愛車日記

趣味の車やバイク、お役立ち情報やDIY整備を中心に書き綴っていくブログですっ!

DIY整備のメリット、デメリットについて

こんばんはっ!メビウスですっ

 

 連日のポカポカ陽気。暖かすぎて眠くなってしまいそうですね。

待ちわびた春はもうすぐそこまで来ているようです。

 春さえ来てくれたらこっちのもの。ジムカーナのシーズンも開幕しますし、

バイクも雪のあるなしを気にすることなく走り回ることができますっ

車もバイクも"春"を感じながら乗り回したいものです。

あとFZRも・・・

<Sponserd Link>

 

 さて、今回はよく自分がDIY整備と叫びまくっている

DIY整備の良い所、悪い所を自分なりの意見なども交えたお話してみようと思います。

自分語りみたいになって申し訳ありませんが、生暖かく睨みつけていただけると

泣いて喜びますので、ご了承くださいっ(ドM

 

DIYとは

 DIY。という言葉は大多数の方がご存知の言葉だと思います。

DIYを紐解くとDo It Yourselfという文字になります。

Do it yor selfの意味は「自分自身でやる」「自分でやる」の言葉を持ち

DIYはその名の通り、自分で何かを直したり、成し遂げることを言います。

英語の授業みたいな感じになってしまいましたが、

ホームセンターやそういったDIYをサポートするお店の台頭によって

自分で何かをする、やる方が増えていますね。

 特に、カー用品店なんかでは電装品を中心に豊富なDIYキットが売られています。

例えばエーモンさんなどから出ているスイッチハーネスであったり

電源取り出しヒューズなど、取り付けを容易にするものなどが売られていますし、

そういったことを専門にしている専門誌などの書籍も充実しています。

 上記の通り、自分でやることには車以外にも様々なことがありますね。

例えば木材を買ってきて自宅で使う机やイスを作ったりと

日曜大工と呼ばれることを行ったりするのが有名ですっ

f:id:Mobius250:20180111224626j:plainDIY中のイメージ

DIY整備のメリット

 さて、DIY整備と自分が定義するのは車やバイク関連のDIYですが

自分でやっていての良い所や悪い所。様々感じることがあります。

なので、まずは自分でやっていて、良いと感じる所をお話してみたいと思います。

 自分でやっていて、一番良いな。と感じる部分は車・バイクに愛着が沸く

という部分ですね。

オイル交換をするだけでも、愛車に触れている。愛車の手入れしているんだなと

身近に感じることができるのがとても魅力と感じます。

 もう一つは、愛車もさることながら、車・バイクの構造がわかってくる点ですね。

ここがタイヤに繋がっていて、回転することで動いているんだな。ですとか

なるほど、ここに流れてくるはずの電気が来ていないからこの部品が動かないんだな。

という具合に、わからなかった事が理解できて、解決できるようになる。

という達成感がとても気持ちがいいですね

そのくせ学生時代の勉強は嫌いだったけれど(泣

 そして、もう一点は工賃を節約できる。という所と工賃を理解できる

という点です。

お店で何かをする場合、そのほとんどが部品代+工賃の合計金額での

請求がほとんどだと思いますが、自分でやれば部品代だけで解決できるので

実質工賃を節約することができます。3000円の工賃がかかる作業を自分でやれば

3000円浮きますので、その分別のことに回せますしね。

 ただし、自分もお店で法定点検などを受ける時にいろいろと説明されるのですが

人によっては、工賃が高い。専門知識あってお茶の子さいさいなんだから

このくらい安くてもいいでしょ。という意見をお持ちの方もいらっしゃると思います。

自分も似たような感情を抱いたことがあるので、理解できます。

 ただ自分でやってみると、それは大変です。

時にはもの凄い力がいる作業もあったり、凄く狭い場所に手を突っ込んでみたりと

苦労する場面も時節遭遇します。

そういったことを自分でやる代わりにやって頂ける。=工賃(手間賃)なのだと

自分の場合ですが、今ではそう思うようになりましたし、

できる限り自分の愛車は自分で面倒を見ようという気になりました。

もちろん、限界はあるのでお店に頼む時は頼みますけれどねっ

 それらを踏まえて、DIYの良い所は

愛車に愛着が沸くという点と、車やバイクの構造がわかってくる。

工賃を節約できたり、工賃の意味を理解することができる。

というのが、DIYのメリットなのかな。なんて思います。

もちろん、これらは自分が思う部分なので人それぞれだと思いますが。

DIY整備のデメリット

 上記では自分が感じるメリットをお話してみましたが、

続いて自分が感じるデメリットもお話してみようと思います。

 まずは、やる事成すこと。全て自己責任である点です。

言わずもがなですね。手を抜けば抜いた分自分に返ってきます。

それでケガを負ってしまったり、他車も巻き込む事態になれば

それば大惨事です。なので、やる事成すことに慎重にならないといけませんし

入念な下調べや知識を頭に詰め込んでおかねばなりません。

特にハイブリッド車やEVなどの台頭によってますます専門的な知識が必要な車も

あるので、ここは注意したいですね。自分が感じるデメリットの極論です。

<Sponserd Link>

 

総括

 DIYとはいえ、車・バイクというものを扱うというのは楽しくもあり

難しいものです。でもそれらを正しく行うことで

車やバイクに、人以上の愛着を持てます。

 聞く話、米国やヨーロッパの方々はセルフメディケーションの意識が高いと聞きます。

日本のような車検制度や点検という概念が州や国によって違うので

車を自分でなんとかする方が多いそうですね。

自分の体の健康を気遣う時代です。車やバイクなどにもそういった意識を持つ

時代というのもそこまで来ているのかもしれませんね。

 

 さて、長くなってしまいましたが今回は、自分が感じる

DIYの良い所や悪い所などを書き綴ってみましたっ

 

 それではまた、次回の更新でお会いしましょうっっ!!