独身男の愛車日記

趣味の車やバイク、お役立ち情報やDIY整備を中心に書き綴っていくブログですっ!

CBR250RR(MC22) PRO GRIPとZETA バーエンドプラグ装着

 こんばんはっ!メビウスですっ

 

 いやはや、また日数が経ってしましました(泣

そして今日は休暇!今月に入ってから中々の盛況ぶりでヒイヒイ言っていますが

心も体も元気いっぱいです(笑

 

 さて、今日は休日ということもあり。感の鋭い方なら

もうお気づきかと思いますが・・・・

f:id:Mobius250:20180320173451j:plain

 車庫の片付けですね(笑

家の車庫が散乱してしまっていたので、今日はひたすら片付けをしていましたっ

ピノ(家族車)やバイク達を一旦外に出して・・・

工具やケミカルは整理整頓。いる物いらない物を分別して処分してと・・・

いやはや中々です(笑

こう整理してみると、過去いろんな物買ってんだなぁと悟りを開きそうになります

中には買ったはいいけど、使っていないパーツやらなにやら(笑

f:id:Mobius250:20180320174213j:plain

 中でも整理していて丁度よくあったのが、MotoGPでの採用実績もある

PROGRIP(プログリップ)のスーパーバイクシリーズ スタンダードラバーと

ZETA RACING(ジータ レーシング)のバーエンドプラグの新品を見つけました(笑

丁度、ニダボのグリップでも変えるかとでも思っていた所だったので

嬉しい発見です(笑

 こういう何時なんどき買ったかわかんない部品を発掘した時のワクワク感は

小さい頃やった宝探しで、キレイな石を見つけた時の気分になりますねっ!

そんなわけで、今後もワクワク感を得るため。定期的に記憶を忘却しようと思います(笑

 PRO GRIP SUPER BIKE STDラバー

f:id:Mobius250:20180320175258j:plain※公式サイトより引用

 さて、ニダボに取り付けを行う前に、プログリップについて

お話してみようと思います。

 プログリップはMotoGPを始めとしたバイクレースなどのスポンサードを始め

グリップ部分の供給実績もあるグリップの一つです。

バイクに乗られる方なども一度は装着したことがあったりするのではないでしょうかっ

グリップの知名度的にはドミノグリップ並に有名だと思います

 その中でも、今回発掘したのはスーパーバイクシリーズの

スタンダードラバータイプのグリップでした。

f:id:Mobius250:20180320180839j:plain※公式サイトより引用

 デザインはオーソドックスな黒色。握り心地は柔らかめで肉厚な感覚です。

純正グリップが細すぎたりという方にはきっと丁度いいと思います

また、耐震設計なので振動吸収性も良いですねっ

ホント、いつ買ったんだが・・・

<Sponserd Link>

 

ZETA RACING バーエンドプラグ

f:id:Mobius250:20180320182128j:plain※公式サイトより引用

 ZETA RACINGといえば、自分の場合オフロードのイメージを思い浮かべます。

活発で悪路を走破するオフロードにはZETAのバーパッドがついているイメージですね

とてもアクティブなイメージです

ホント、いつ買ったんでしょうね(笑

<Sponserd Link>

 

取り付け

f:id:Mobius250:20180320183014j:plain

 さて、取り付けにあたり。まずは純正のグリップとバーエンドを外します。

外し方は至って簡単で、ニダボの場合。バーエンド部分はプラスネジで止まっている

だけなので、それを外して

純正のグリップは再利用できなくはないですが、スロットル側はボンドで

接着されているので再利用する場合は根気がいります。

再利用しない場合はカッターなどで切るとあっという間に取り外すことができます。

 装着は、スロットルコーンにボンドを適量つけ、

バーエンドプラグを固定して完成です。所要時間は大体15分程度なので

お手軽ですね。

f:id:Mobius250:20180320195254j:plain

 写真は取り付け後の写真になりますっ

純正と比べると肉厚感が増し、バーエンドも出っ張りがなくなったので

スマートな感じになりましたっ

f:id:Mobius250:20180320202427j:plain

 コクピットビューだとこんな感じですね。

とりあえず試乗もしましたが、肉厚になった分

回しやすくなりましたね。

総括

 今回は車庫に眠っていたグリップとバーエンドを装着できたので

少しですがカスタムの予算が浮きました(笑

 グリップ交換は原付から大型までほぼ一緒で簡単なので

ぜひ今のグリップが握り辛いと感じたら交換してみていかがでしょうかっ

操舵のしやすさだけでなく、個性としても引き立つこと間違いなしですよっ!

 

 長くなってしまいましたが、今回はグリップ交換とバーエンド交換について

お話してみましたっ

 それではまた、次回の更新でお会いしましょうっ!