独身男の愛車日記

趣味の車やバイク、お役立ち情報やDIY整備を中心に書き綴っていくブログですっ!

JMCAマフラー検索システムについて

こんばんはっ!メビウスですっ

 

 今宵も休日。今日は友人も休みだということで

山形間宮城ツーリング・・・の予定でしてたが

あいにくの寒波到来により、市内でも最高気温5℃という気温。

また山間部ではみぞれも降るとのことだったので

市内ぶらりツーリングに変更となりました(泣

とはいえ、滅多に会えないのでこの機会に今宵エンジョイしてきたわけです。

f:id:Mobius250:20180321212017j:plain※道中の道の駅にて撮影

 あいにくの天気ながら、バイクもちらほら。どうやら命知らずのタフガイ達も

バイクに乗りたかった様子です(笑

一方自分らも道中寒い寒いと言いながらスロットルを回していましたが

走り出してしまうと案外寒くなく・・・あれ、宮城行けるのでは・・・となる部分も

ありましたが、山間部に入るとやはり寒い(笑

無事では済まないだろう。ということで、ラーメンを食べ

雪や小雨が降りだす前に引き返した次第です。

次は、ポカポカになってからですかねっ!春先に控える桜を拝みながら

颯爽と駆け回りたいものですっっ

 

 さて、話変わりまして。今日友人とも話になったのですが

ニダボについているマフラーの件ですね。

www.mobius250.site

 上の納車時にもいろいろと調べてはいたのですが

判明しなかったのですが、納車時からついているマフラー。

やはりOVER製でした(笑

f:id:Mobius250:20180321213902j:plain

 どうやら検索システムに入力した数字が間違っていただけだったようです(笑

とはいえわかって一安心ですっ

 ということで、ご存知の方もいらっしゃると思いますが

今回はJMCA認定/認証マフラー検索についてお話してみようと思います。

JMCAとは

 さて、バイク乗りの方なら気にしたこともあるかと思いますが

始めにJMCAについてお話してみようと思います。

 JMCAとは全国二輪車用品連合会という組織を示す言葉で

二輪車のマフラーを始め、各種用品の一種の規格としても機能しています。

日本の大手アフターパーツメーカーのほとんどはJMCAに加盟していて

JMCAからその品質、安全性、音量を認定されると、認証品として販売される

ことになります。

 マフラーの場合、過酷な走行条件や排ガス試験などを実施することで

マフラー音量、安全性などの試験を通過した製品には

認定プレートが交付され、製品に貼りつけられ販売店で販売されます。

f:id:Mobius250:20180321215257j:plain※認定プレートのイメージ

 

JMCA認定/認証マフラー検索システム

 さて、上記の通りバイク用品のほとんどを統括しているJMCAですが

JMCAは上記の他、認定マフラーの管理も行っています。

管理されているマフラーは、JMCAの認定プレートに振り分けられた

認定番号なら8ケタ認証番号なら10ケタ。の数字がプレートに刻印されているので

それらをJMCA認定/認証マフラー検索システムを使って特定することができます。

 ほとんどの場合、マフラーにはメーカーのプレートだったり

ステッカーなどが貼ってあるものですが、年数経ちすぎた中古車両や

当時物のマフラーの場合、記載されていない。もしくは剥がれてしまっている場合が

あります。

マフラー検索システムを使う場面は、そういった場面で使うことができます。

f:id:Mobius250:20180321215618j:plain

 自分のバイクの例になりますが、少し遠めからの写真になりますが

マフラーにメーカーロゴが入っていないので、どこのマフラーか

わからない状態になっていましたが幸い、認定プレートの刻印は残っていましたので

判明するに至りました。

f:id:Mobius250:20180321220503j:plain

 見えづらいですが、このように認定マフラーの場合。このように

プレートに打刻されています。この数字を検索システムに打ち込むと

メーカーなどの情報を回覧することができます。

<Sponserd Link>

 

システムの利用方法

f:id:Mobius250:20180321220913j:plain

全マフラー検索 | JMCA 全国二輪車用品連合会

↑JMCA マフラー検索システムのリンクですっ!

 

 まずはJMCAの公式サイトにアクセスしまして

「全マフラー検索」のタブをクリックします。

f:id:Mobius250:20180321221124p:plain

 タブをクリックすると、検索システムに繋がるので

〇で囲った部分にプレートに刻印された番号を打ち込みます。

f:id:Mobius250:20180321213902j:plain

 入力すると写真のようにメーカー不明マフラーの情報が表示されます。

ちなみにですが、システムの利用料金等はかからず、無料で検索できるので

安心して使うことができますねっ

<Sponserd Link>

 

総括

  使う機会が多いのは、やはり旧車と呼ばれるバイクのマフラーなどが

ほとんどだとは思いますが、愛車に使われているマフラーの情報が

わかるととても安心しますよね。

自分のように中古車両として購入したバイクに以前のオーナーさんが

つけたマフラーがわからなかったり、オークションで購入したマフラーの

詳細がわからない時などに活用できるので、いざという時に

活用してみてはいかがでしょうかっっ!!

 

 長くなってしまいましたが、今回はプチツーリングのことと

マフラー検索システムのことについてお話してみましたっっ

 

 それではまた、次回の更新でお会いしましょうっっっ! 

<Sponserd Link>

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト