独身男の愛車日記

趣味の車やバイク、お役立ち情報やDIY整備を中心に書き綴っていくブログですっ!

スイフトスポーツ(ZC32S) R'sセンターパイプ+純正マフラー装着

こんばんはっ!メビウスです

 

 はい。また間が開いてしまいました(泣

やることまみれで天手古舞という奴ですっ

 

 そんなこんなで、今日は休暇・・・。ですが

以前から友人から"マフラーを変えたいんだけど・・・"と相談を受けていましたので

今日は、そのマフラー交換をしておりました。

正確にはマフラー交換兼、ピースレイアウトの変更といったところでしょうか。

 というわけで!今日はそのマフラー交換をしたので、

その時の様子を書き綴っていきたいと思います

マフラー交換の経緯

 さて、一週間前にほどになりますが、友人から依頼の電話が・・・

"うっす。突然なんだけど、スイスポのマフラー交換をお願いしたいんだけど"

と、電話がかかってきました。

どうやら友人達は自分を整備業者か何かと思っている様子。

"自分でやりなさいよ、まったく(控え目表現"

 といったものの。昼飯をおごってくれるという言葉に惹かれ交換することに(笑

ここで気づいてしまったのは、自分は飯を奢られることに弱いということですね。

とはいえ、車やバイクを触っている時が楽しいのでwin winというものです。

 

スイフト スポーツ(ZC32S)とR'sセンターパイプ+純正マフラー交換

f:id:Mobius250:20180425202508j:plain

 さて、マフラー交換する車両というのが写真の車両。

スズキ スイフト スポーツ(ZC32S)ですねっ

 スイフトスポーツといえば、M16エンジンの軽快な乗り味と

リーズナブルな価格帯で乗れるスポーツハッチの代表格ですね。

実の所、シビックに乗る以前に候補の一つとして考えていた車両でもあります。

今回は、この車にR's製 ハイパフォーマンスマフラーⅡを装着していきます。

f:id:Mobius250:20180425211220j:plain

 写真のものが、今回に使用するR's製センターパイプと

スイフトの純正マフラーです。

 現在の仕様は、純正パイプ+R'sサイレンサーの構成なので

逆のピースレイアウトにする感じですね。

友人曰く、今回このようなピースアレンジにするのは

職場の関係とのことで、今のままだと少しうるさいので

純正サイレンサーにして音を小さくするためのようです

ジャッキアップ

f:id:Mobius250:20180425210402j:plain

 さて、マフラー交換ですので。息をするようにジャッキアップしていきます。

自分が高さ稼ぎのためにするジャッキアップ方法になりますが

フロントにウマをかけて、後輪にコンクリブロックを噛ませて高さを出します。

後は安全対策。といっても実際無事かはわかりませんけれど

車体下部に潜り込む時は各箇所に空タイヤを添えて対策します。

純正中間パイプとサイレンサーの取外し

f:id:Mobius250:20180425212205j:plain※ご飯のために働く独身男の姿

 まずは中間パイプを外していきますが、至って簡単です。

14mmのボルトを緩めると取り外すことができます。

 

 ただし、マフラーを止めているボルトは、走る地域や状態によって

それぞれです。今回作業した車は納車2年目になるので

非常に良好なボルト状態でしたが、シビアコンディションを

走行する車の場合、融雪剤や雨、雪などの影響で著しく腐食が進行している場合が

あるので、注意が必要です。

手に負えない腐食のボルトを外そうとすれば、ボルトが切れたり

そもそも、ボルトが取れなかったりとしますので

車の状態と相談しなければなりません。

取れない場合の対処法として手っ取り早いのが

グラインダーでボルトを落とすか、軽度の場合はインパクトレンチを使う。

ベルトサンダーでボルトを削って取る。など

様々な対処法がありますが、無理だと判断したら

それ以上手を付けないのが無難です。

f:id:Mobius250:20180425213400j:plain

 センターパイプのボルトを外したら、最後にリアピース側の

サイレンサーを外します。サイレンサー固定用のナットも

同じく14mmです。

思い返せば、この写真のサイレンサーも自分がつけたものでした(笑

しばらくは友人宅の物置で眠ることになることでしょう。

f:id:Mobius250:20180425213921j:plain※取り外した純正パイプ

 サイレンサーを外したら、最後に中間パイプを止めている

マフラーリング全てを取り外すと、ゴロっと取れます。

 

強化ブッシュの交換

f:id:Mobius250:20180425214003j:plain※深爪は気にしな(ry

 さて、サイレンサーを外し気になったのは強化マフラーリングです。

強化マフラーリングブッシュが柔らかくなっていました。

写真ですと、下側がつけていたブッシュ。

上側が新品のJURAN強化ブッシュですが、どちらも強い力で押し込んでいますが

下側のブッシュは少しの力でつぶれるほどの柔らかさ。

一方で、上側はガッチリとした固さを持っています。

どうせマフラー替えるならサッパリと乗ってもらいたいもの。

自宅で保管していた予備のJURANブッシュに交換しておくことします。

R'sセンターパイプ取り付け

f:id:Mobius250:20180425214911j:plain

 作業も折り返し地点ですが、R'sのセンターパイプを取り付けていきます。

作業自体は逆手順になりますが、形状が違うので少し勝手は違いますが

順調に組み上げていきます。

f:id:Mobius250:20180425215126j:plain

 つけてみると、このような形に。いい感じにつきましたね

純正サイレンサー装着中のハプニング

 それは、純正マフラーを装着する時に起きたハプニングでした。

"あれ、マフラーリングのステーない。"

f:id:Mobius250:20180425221454j:plain※その言葉を聞いた時の様子

 友人からその言葉を聞いた瞬間、コブラみたいな顔になってしまいました(笑

R'sテールサイレンサーの装着時は専用のマフラーリングステーに換装して

取り付けするのですが、純正用のステーをどこかにやってしまったようでした。

f:id:Mobius250:20180425223346j:plain

 急遽ホームセンターにいって汎用ステーとネジでマフラーステーを作り

固定しました。

 

 最後の最後に波乱に見舞われたものの、無事に安定して取り付けることが

できました。

友人の笑顔も見れましたし、車をイジることができたので満足です。

その後は、友人と自走のチェックをしながら

飯屋にいき、奢ってもらったのでした。

 

総括

 マフラー交換自体、難しいことありませんが

地面に最も接する部品であるために、その受けるダメージというのは

環境によって大きく異なるものです。

すんなりいくときもあれば、錆と腐食と格闘する時もあります。

でも音が変わるとモチベーションも変わるものですよね。

まだまだいろんな車に触れていきたいものです。

 

 それでは長くなってしまいましたが、今回は

スイフトスポーツのマフラー交換について書き綴ってみましたっ

 

 また、次回の更新でお会いしましょう!