独身男の愛車日記

趣味の車やバイク、お役立ち情報やDIY整備を中心に書き綴っていくブログですっ!

シビック タイプR(FD2) 20万kmに向けて

こんにちは!メビウスですっ

 

 相変わらず仕事に追われているうちに、また休暇へと戻ってきました(笑

そして、いつの間にかもう5月ですねっ!

4月はあっという間だったというか、なんというか。

初動は少し遅めでしたが、これからもドンドン趣味の車やバイクのシーズン!

お財布と相談しながら、事進めていけたらと思う今日この頃です。

 

 さて、今日は少し久しぶりになりますが。愛車である

シビック タイプR(FD2)のお話をしてみたいと思います。

シビック タイプR(FD2)に乗って3年目

f:id:Mobius250:20180411091648j:plain※東京での1コマ

 さて、愛車であるシビックも。自分がオーナーになってから

早3年目。購入した時の走行距離が約10万km。

現在自分が乗り回した距離は14万9千km。

3年で約5万km乗り回しましたが、まだまだ元気そのもの。

壊れる気配がまったくないのは、逆に怖いですけれどね(笑

www.mobius250.site

上記の記事でも紹介していますっ!

 

20万kmで必要なメンテナンス

 10万km。という走行距離は様々な箇所で重要なターニングポイントの一つとして

捉えられています。

たとえば、少し古い車だとタイミングベルトの交換だったり

エンジンのオーバーホール。クラッチ交換だったりと、

過走行の車体としてステータスが変わる瞬間でもあります。

また、自分の住む東北の地域では車社会なので

どこへ行くにも車、移動するにも車。と車なしの生活というのは

考えにくいです。

なので、自分の地域では10万kmは代替えのポイントとよく言われます。

<Sponserd Link>

 

タイミングチェーンのメンテナンス

 話は変わり、現在。様々な技術、テクロノジーが進化した現在の車の構造において

現行車でタイミングベルトを装備する車は、まずなくなりました。

全て、タイミングチェーンと呼ばれる駆動方式に変わったため

ベルト切れの心配というのは、ないものの。

20万kmという走行距離になるとそうはいきません。

タイミングベルトはゴムなので、劣化したら切れる。というのは

想像に容易い事だとは思いますが、

タイミングチェーンもまた、伸びます。

金属も伸びてしまうと、破断してしまったり異音が発生したり

点火時期のズレによる始動困難状態。など故障のリスクが高くなります。

なので20万kmにおいてはチェーンの交換ないし、メンテナンスが必要とされます。

 とはいえ、タイミングチェーン自体。本来は交換不要を前提としている部品です。

上記は、あくまで予防整備の域ですが

シビックも、今後乗り続ける場合。一度はやった方がいいのかなと検討しています。

f:id:Mobius250:20180502164418j:plain※M&M サイトより引用

 構造的にはタイミングベルトがチェーンに置き換わったような構造ですね。

にしても、こういうメカメカしいものを見るとテンションが上がってしまいます。

やるとしたら自分でやりたいですが、車載状態でやるにしても

狭くてやりにくそうです。できたらやってみたいものですね

f:id:Mobius250:20180502165300j:plain

 

15万km走った時点での燃費

 さて、今後のメンテナンス予定はいろいろとあるものの

現状の性能面ではどのような状態か。をお話してみます。

 元々がスポーティなエッセンスの集大成たるタイプRのグレードなので

自分自身、燃費というのはさほど気にしてはいませんが

現状の燃費は、カタログ値11.0km/Lに対して

約10km/Lほどをキープしています。・・・あれ?以外と燃費いい(笑

測定方法は、一度燃料をエンプティのギリギリまで使い

満タンで給油。その時の距離をメモして、またさらになくなるまで走り

その時の距離とガソリンを計算すると割り出す事ができます。

あくまで簡易的な方法なので、正確な数値ではありませんが・・・。

<Sponserd Link>

 

総括

 これからまだまだ、シビックにはお世話になりますし、

お世話していきたいと思っていますっ

たぶんシビックにとって、自分が最後のオーナーになると思いますし

経歴上、そこまでモータースポーツで花開くことがなかった個体です。

出自に合わせたシビックとの付き合い方を、これからも

ちゃんとしていけたらと思いますっ!!

 

 さて、長くなってしまいましたが

今回はシビックのあれこれを語ってみましたっ!

 

 それではまた、次回の更新でお会いしましょう!