独身男の愛車日記

趣味の車やバイク、お役立ち情報やDIY整備を中心に書き綴っていくブログですっ!

番外 CB400SFに乗っていた時のこと

こんばんはっ!メビウスですっ

 

 いやはや、5月の目玉。ゴールデンウィークも最終日ですね。

ちなみに自分はゴールデンウィーク中も休まず働いておりました(笑

とはいえ、別日で設けてあるのでそこまで苦ではないですが

関東方面から帰省してくる友人達と仕事終わりくらいからしか会えないのは

少し寂しい気がしますが・・・(泣

 

 さて、先日の休み。部屋を掃除していたのですが

昔使っていたケータイを発掘いたしまして。

使い込んだケータイだったのでガワはボロボロでしたが

ダイソーで互換性のある充電器を買ってきて、起動してみた所

懐かしい写真がたくさん詰まっていました(泣

なので、昔の愛車のことでも振り返ってみようと思います。

CB400SF(NC39)に乗ってた頃

f:id:Mobius250:20180506211759j:plain

 昔の愛車。というのが写真のCB400SF(NC39)ですね。

いやー懐かしい(笑

もう5~6年前くらいになります。写真は地元に帰省した時の写真ですが、

当時自分は宮城県は仙台に

独り暮らしをしていて、へろへろと日々を過ごしておりました。

しかし、そんな毎日を支えてくれていたのが愛車のCB400SF(NC39)でして

日々の足、車に比べて安い維持費で乗り回せたため

仙台の交通事情にはうってつけでした。

 教習車にもなるくらい扱いやすい車体。HYPER VTECの

ターボのかかったようなパワー。乗っていてとても楽しいバイクでした。

<Sponserd Link>

 

CB400SFとは

f:id:Mobius250:20180506212823j:plain

 CB400SF(以下スーフォア)といえば、現在でも新車が販売されている

ベストセラーネイキッドバイクですが、自分が乗っていたNC39は

その中でも少し古い型ですね。

スーフォアも見た目こそ、特徴的な変化こそないとはいえ

エンジンを主体に改良され続けています。

f:id:Mobius250:20180506212946j:plain

 始まりから説明していきますと、まず1992年の4月。最初期のCB400SFが

販売されます。

この時の型式はNC31型と呼ばれ、スタンダードタイプのスーフォア。

Version R。Version S。とそれぞれリリースされました。

ですが、販売当時のこのモデルにはVTECはついていませんでした。

f:id:Mobius250:20180506213511j:plain

 続いてが、自分も乗っていたNC39型のスーフォアですね。

1999年の2月に販売され、このモデルから現在まで続く

スーフォア=VTECの図式が構成されることになりました。

自分が乗っていた銀/青のカラーは、過去CB750鈴鹿8耐を走った

名手。フレディ・スペンサーのカラーを再現した、所謂スペンサーカラーというもので

このカラーは初期のNC39にしか設定されていませんでした。

 この型以降。NC39も初期を含め三代に続く

マイナーチェンジをしていくことになります。

f:id:Mobius250:20180506214204j:plain

 そして、今現在も販売されているNC42型。またの名を

CB400SF Revo。こちらが現在も新車で販売されている機種になります。

HYPER VTEC(以下:HV)搭載のNC39とHYPER VTEC RevoのNC42の

パワーユニットの違いは

NC39型が、従来のCB400Rから続くNC23Eエンジンを捨て

新規に再設計したNC42エンジンに換装されている点ですね。

こちらは全車種PGM-FI。すなわちキャブレター方式ではなく

インジェクションになりました。

 通常のHVの場合、通常走行を4バルブ中2バルブを閉鎖して

一定回転数を超えると4バルブ化する機構だったのに対して

新型のRevoではE/gの回転数だけでなくスロットル開度やギアポジションを

検出して、それを反映させる方式に変わっていることが

大きく違う点ですね。HVも十分「可変バルブ機構」ではありますが

Revoはそれを大きく飛躍させた「可変バルブ機構」になっています。

f:id:Mobius250:20180506215050j:plain

 ちなみにバリエーションとしてハーフカウル仕様の

スーパーボルドールなんかもラインナップにあります。

 

CB400SFからCBR250Rへ

f:id:Mobius250:20180506215339j:plain

 話は戻って、そんな仙台の日々を支えてくれたスーフォアですが

自分の未熟さから事故を起こしてしまい、廃車にしてしまいました。

 事故当時、秋の終盤ということもあり

走行していた路面には落ち葉が散乱していまして、あとはご想像の通りというか

なんというか・・・。後輪を落ち葉に引っ掛け、そのまま

ガードレールにバイクと一緒に挟まりました。いやはや思い出すだけでも自分を

責めたくなってしまうものですが。

フレームもグニャグニャ。エンジンは無事だったものの

フォークやショックも全滅と致命的な損傷でした。

直して乗ろうと、当時思っていましたが そこまでの修理費用だと

一台バイクが買えてしまう金額に・・・。

ここにきて、人生初の廃車を経験することになります。

ちなみに自分のケガとは言うと、左足を折っただけで済みましたね(泣

ただ事故当時は折れた感覚がなかったので、レッカーを呼んだあと

足を引きずって自宅アパートまで帰りました。

後日、どうも痛みが引かないので医者に言ったら

医者に一言「あらら。折れてるよ、ポッキリ」と軽く言われたのは

今でも鮮明に覚えていますね(笑

事の経緯を話したら「いやいや(笑)不良マンガじゃないんだから(笑)」と

あしらわれたんですけどね(笑

なんとも軽いお医者さんでしたが、そのノリには当時の何とも言えない

無念が取り払われて、救われたのですが・・・。

今でも時節、その時のガッツがほしいと思う時もありますが(笑

f:id:Mobius250:20180506221206j:plain

 そして、足の骨折を完治させた後に浮気したのが

現在も跨るCBR250R(MC41)というわけです。

いや、浮気ではないですね。

自分はバイクに関しては一夫多妻制をどの先進国よりも早く導入しているので

浮気ではないですけどね!だから独身(ry

<Sponserd Link>

 

総括

 もちろんスーフォア以前にも愛車遍歴は多々あります。

ですが事故を起こし、自らの愛車を廃車にする。

というのはスーフォアが初めてでしたので後悔の念や、それを通じて得た経験

というのは自分の下地になっているのは間違いないです。

 これからも愛車と共に、趣味を謳歌

安全に乗り回していきたいものですね。

 

 長くなってしまいましたが、今回は過去に乗っていた愛車のスーフォアの

ことと、スーフォア関連のお話を書き綴ってみました!

 

 それではまた、次回の更新でお会いしましょう!!