独身男の愛車日記

趣味の車やバイク、お役立ち情報やDIY整備を中心に書き綴っていくブログですっ!

CBR250RR(MC22) 昔ながらの0円カスタムをしてみる

こんにちはっ! メビウスです

 

 相変わらず暑い毎日が続いておりますが、絶好のバイク日和!!

信号待ちなんかの局面では汗がダラダラになりますが

走り出すと、走行風が心地いいですねっ

ああ、遠くに出掛けたいなぁと思う今日この頃といったところですっ

 

 さて、今宵は昔の悪知恵といいますかニダボに0円カスタムを施したので

その様子でも振り返っていきたいと思います。

 

カスタム

 社外のカスタムパーツだったり、汎用品を使ってバイクを彩っていく。

というのは、バイクに乗る上での楽しみの一つですよね。

純正の状態というのは確かにカッコイイですが

それを自分好みにしていくというのは、ロマンに溢れ

創造意欲を掻き立てます。

 カスタムはバイク文化の中で、日々発展してきた経緯があり

そのカスタムのルーツもそれぞれです。過激チックなヤンチャ系だったり

レース参戦車両をモチーフにしてみたり、外国のバイク文化を形容してみたり。

いろんなカスタムは見ていて飽きませんっ

<Sponserd Link>

 

0円カスタム

 さて、今回ニダボに行っていく0円カスタムですが

自分が学生時代の時に習得した秘伝の悪知恵。ケツ上げになります。

 ケツ上げというのは、バイクの後ろを純正状態より高くする手法で

メリットなんかはありません(え

 ちなみにケツ上げという手法は、バイクだけでなく

ヤンチャ系高校生のトレンドでもあるらしく、ママチャリをケツ上げしている

学生を地元でよく見かけます。

 

 ここからは私の独り言ですけれども、ケツ上げしてるとよく話になったのが

バンク角をより多く稼げたり、膝を擦りやすくなったりなど

ケツ上げをすることで、その人によっては操作性が向上を体感できたり

お山を走ると目立ち、俺はロックに生きているぜと意志表示したり

白黒のクラウンと友達になって愛車のみせっこしてみたり(一方的にみられる)

イケイケゴーゴー感を醸し出せたりなどなど、様々起きたりします。(世紀末

 

 あくまでこれらは独り言です。今をときめく独身男の事は

微塵も含まれていません。神には誓えませんが。

f:id:Mobius250:20180614233949j:plain

 

ケツ上げの方法

 さて、独り言を言っているとサングラスのJCに

連行されてしまうので話は変わりますが。

悪知恵改めカスタムになります。

ニダボの場合だと、いくつかの手段でケツ上げを行うことができますが

今回は、過激にケツ上げを行うわけでもないので

簡単な方法をご紹介します。

f:id:Mobius250:20180718190915j:plain

 まずは、シートカウルを取外して、シートレールを固定しているボルトへ

アクセスできるようにします。

 外すと、写真赤丸部分のボルトが外せるようになるので

上のボルトを左右緩めて、下のボルトだけ完全に取外します。

 すると、シートレールが上下に可動するようになるので

シートレールを持ち上げた状態をキープしたまま

下のボルトを戻すと、ボルトにシートレールが乗る形になり

ケツ上げできます。

ケツ上げの角度は、この状態が最低限角度のケツ上げになりますが

大きさの違うナットを組み合わせると、角度をもう少し上げたりできます。

 

 ただし、いずれにせよ。このままだとボルトがシートレールに乗っている

形になるので余ったネジ山にナットを噛ませて固定しないと

走行中に脱落することもあるので

そこはしっかりと固定しなければなりません。重要です

 

 あとは、マフラーステーの位置も変わるので

少し工夫が必要になります。

 

ビフォーアフター

f:id:Mobius250:20180718192018j:plainf:id:Mobius250:20180718192034j:plain

 というわけで、実施したわけですが

最小限の角度だけつけたので、わかりづらいですが

左が純正状態。右が気持ちケツ上げした状態になります。

 今回は、ホントに気持ちだけ上げただけなのですが

タンクとカウルの隙間に注目してみると、浮いているのがわかると思いますっ

もう少し上げてもいいのですが、上げるとテール部分が

素晴らしい光景になるので、そこは自制します(笑

そこそこの歳ですし・・・

 

終わった後、各部増し締めをして試走します。

<Sponserd Link>

 

試走

 見た目こそ、さほど変わりはありませんが

座ってみると、あきらかに違う座り心地です。

姿勢としては、シートが斜めに配置になるので

良いように言うと、非常にスパルタンな座り心地です。

悪いように言うと、非常に腰に悪いです(泣

 ただ、前傾姿勢になりやすくなるので

こういうフォームの乗り味が好きだ。という方なんかだと

ドンピシャだと思います。

 

総括

 今回行ったケツ上げを行ったことで、自分好みの着座位置になり

乗りやすくなりました。

 もちろん今回のケツ上げは、一つの事例ですので

足回りを移植したりなど、様々方法は存在します。

適度な角度をつけて、自分好みにしてみるのもいいかもしれませんね。

 

 今回は悪知恵改め、ケツ上げしたことなどについて

書き綴ってみましたっ

 

 それではまた、次回の更新でお会いしましょうっっ!!