独身男の愛車日記

趣味の車やバイク、お役立ち情報やDIY整備を中心に書き綴っていくブログですっ!

KSR-Ⅰ 手直し その4 フロントブレーキオーバーホール

こんばんはっ!メビウスです

 

 休暇二日目を謳歌しております。とても暑く、夏を感じる今日この頃ですね。

今宵、私の地元では有名な花火大会が開催されるということもあって

周りではバーベキューやらなにやらの準備が着々と進んでいます。

露店も続々と開店してきているようで、何ともおいしそうな臭いが

地域に広がっています。

焼きたてのハーブソーセージとキンキンに冷えたビール・・・。

至高の組み合わせですね(笑

夜はチラッと露店にでも行ってみますかね(金欠の悪循環

<Sponserd Link>

 

 さて、話は変わりまして。今宵はKSR-Ⅰの手直しを行ったので

その様子を振り返ってみようと思います。

 

フロントブレーキオーバーホール

www.mobius250.site

 つい先日。後ろのブレーキを分解、清掃したので

今宵はその続き。フロントブレーキのオーバーホールを行っていきます。

 

分解

f:id:Mobius250:20180814172346j:plain

 というわけで、ブレーキを触ること約15分。

フロントブレーキキャリパーの分解が完了しました。

各部を清掃・給油などを行う前に一通り点検をしていきます。

f:id:Mobius250:20180814172539j:plain

 ピストン部分は、リアブレーキの時よりそこまでひどい状態ではありませんでした。

サビだったり、汚れは蓄積していましたが後ろの時のように

ブラシでゴシゴシする必要もなさそうです。

メタルコンパンドで、修正していくことにします。

f:id:Mobius250:20180814172734j:plain

 20分少々磨くと、綺麗な状態に戻りました。

摺動部分は修正不可能な場合は、新品交換であるのと

磨きすぎると径が変わるので、均等かつ欲張らずに修正していきます。

f:id:Mobius250:20180814172909j:plain

 ブレーキパッドも残溝が結構残っていたので、こちらも

交換は不要ですね。

ただ、せっかくなのでパッドの表面を軽くペーパー掛けして

摩耗材の新しい面を出します。

f:id:Mobius250:20180814173043j:plain

 こちらは軽めにササっとペーパーで表面を慣らして

新しい面を出してあげると、組み上げた後のブレーキの効きが

よくなったりします。

とはいえ、使用に伴って再び表面がツルツルになっていくので

最初の内だけですが(泣

 余談ですが、パッドの角を慣らす。いわゆる面取りなどを

するとブレーキ鳴きの抑制につながるので、ペーパー掛けするときは

ついでにやってあげると、不快な鳴きの音を緩和することができます。

 

 そのほか、ダストブーツやキャリパー本体には

特段問題はなかったので、綺麗に清掃します。

本来であれば、ゴム部品関係は全部交換したいところですが・・・。

 

組み上げ

f:id:Mobius250:20180814174334j:plain

 清掃が本格的に完了したら、組み上げていきます。

組み上げに使うグリスは、ピンク色のラバーグリスを使用して組み上げます。

ピストンやキャリパー、ダストブーツに満遍なく塗り込んでいきます。

塗りすぎも考え物ですが、少なすぎてもまた別。

良い塩梅というものが必要ですが、ラバーグリスは気持ち多めに塗布したほうが

苦労しなくて済みます。

 キャリパーにダストブーツとピストンを組みこんだら

スライドピンにはシリコングリスを塗布し、ブレーキパッドに

モリブデン系のブレーキグリスを塗って、組み上げます。

最後は、ブレーキのエア抜きを行って作業完了となります。

www.mobius250.site

 エア抜き作業に関しては、別車種のものですが

上記の記事にて紹介していますので、割愛します。

 

試乗確認

 全て組み上げしたら、一通り緩めたボルト関係等全て

増し締め確認し、試乗してブレーキタッチの具合を確かめます。

 乗ってみると、ブレーキのフィーリングがカチっとした良い感触となり

当初とは全く違う効き具合になりました。

両輪ともカチっとすると、思うように加減速が行えるようになり

乗り心地、挙動の操作がしやすくなっていいですねっ

バッチリな仕上がりとなりましたっ!

<Sponserd Link>

 

総括

 両輪のブレーキ分解と清掃が完了したことで、バッチリな効き具合に

復活しました。幸いひどい状態ではなかったのが救いでしたね。

また、今回ブレーキの内部を垣間見たことで

現状の把握、今後の対策など様々なことを練りこむこともできたので

分解してみてよかったです。

 

 さて、今回までかかった費用になりますが

今回リアブレーキのオーバーホールを行いましたので

それを含めて集計します。

 

今回までかかった費用
・車両代 30000円
自賠責代 7500円 (1年)
・ナンバー取得費用 0円
・キャブレターの分解・清掃・微調整 0円
・リアブレーキオーバーホール 0円

・フロントブレーキオーバーホール 0円
・ショートパーツ及びケミカルは自宅の常備品を使用 0円

 

計 37500円。という結果となりましたっ!

今回も乗り出しの諸経費を除いて、費用はかかっていない形になりましたっ

このまま、節約しつつKSRをバッチリな状態に仕立てていこうと思いますっ

 

 長くなってしまいましたが、今回はKSRのフロントブレーキの

オーバーホールについて書き綴ってみましたっ

 

 それではまた、次回の更新でお会いしましょうっっ!!