独身男の愛車日記

趣味の車やバイク、お役立ち情報やDIY整備を中心に書き綴っていくブログですっ!

シビック タイプR(FD2) CUSCO バッテリーステーについて

こんばんはっ!メビウスです

 

 毎度ながら休暇を過ごしておりますが、最近は気温が低くなり

とても過ごしやすくなりましたっ

セミの鳴き声も聞かなくなり、夏の終わりを感じ始める今日この頃です。

www.mobius250.site

 さて、以前になりますが電子タバコデビューをした件について

いろいろと書き綴らせて頂きましたが、意外や意外。

自分でもビックリするくらい続いております。

本物のタバコを吸う本数も、一日3~4本くらいになりましたっ

以前はタバコを一日一箱ペース。朝買って、翌朝に丁度なくなるペースだったので

中々いい感じです。・・・さて、何日続くことやら(苦笑

f:id:Mobius250:20180727230705j:plain

 

 そういえば、また以前に遡るのですが。今月の初めにスロットで

プチ成金になり、電子タバコの他に気になってはいたけど

手が出せていなかったものがありました。なので今宵は

その余波を生かし、またネットで買ってみましたので

いろいろと書き綴ってみたいと思います。

 

 

CUSCO バッテリーステー

f:id:Mobius250:20180920161139j:plainf:id:Mobius250:20180920161204j:plain

※写真は引用

 

 さて、電子タバコに引き続き。気になってはいたけど、

購入まで踏み切れていなかったのが、CUSCO(クスコ)バッテリーステーです。

 バッテリーステーというのは、言わずもがなというかなんというか。

バッテリーが揺れないように抑え込んでいる部品の一つで、

純正品だと、薄い鉄板とJ字型の棒で止まっているだけの作りです。

 なんで踏み切れていなかったかというと、上記の構造でお察しの方が

いるかもしれませんが、ステーを交換したからといって何馬力も

バッテリーの性能が上がることもなく、ただただアクセサリーとしての

趣向が強い部品だったので、買うまでに至っていませんでした。

 しかし、逆に購入に踏み切れず迷っていたのには訳があり

その理由というのが、カッコイイからです。

 個人的に、この手の要素を抱えたパーツというのは

非常に。とても非常に。ファッ〇ンベイベーなくらい迷います(苦笑

そんなわけで購入に踏み切れていなかったというわけです。

 

 とはいえ、プチ成金の余波を使い。まさしくスロット終わりの

余り玉でジュースとお菓子を貰うが如く。今回買ってみたので

ご紹介してみたいと思います。

CUSCOとは

f:id:Mobius250:20180920162807p:plain

 さて、紹介する前になりますが。メーカーであるCUSCO(クスコ)について

少し触れてみたいと思います。

 CUSCOとは、車界隈。特にチューニングカーを楽しむ人や

競技に参戦する方にとっては有名中の有名所です。

 元々はラリー系をルーツに持つ性質上。開発する部品関係は

ミツビシやスバルといった同じく四駆ラリー系の部品が主体となるものの

現在は、幅広い車種用の性能・補強系など供給しています。

 自分が参加しているジムカーナでも、クスコ製の部品を使っている方を

多く拝見しますね。

 <Sponserd Link>

 

CUSCO バッテリーステーを購入

f:id:Mobius250:20180919143742j:plain

 さて、アマゾンの購入ボタンを押して数日後。音速の如く速さで

部屋に小包が届いておりました。おかげさまで写真もブレてしまいました(カス

f:id:Mobius250:20180919145242j:plain

 さっそく箱を開けてみると、綺麗なクスコブルーで塗装されたバッテリーステーが。

このクスコブルー。クスコの看板商品であるタワーバーなどと同じ色だそうです。

通りで、社外パーツ感が強く見えるわけです。

f:id:Mobius250:20180919145818j:plain

 包装を解いてみると、なおさらキレイに見えますね。

保持部分も結構分厚いので、保持力は高そうです。

<Sponserd Link>

 

取り付けていく

f:id:Mobius250:20180920165047j:plain

 さて、当ブログでは超絶久方ぶりになるシビックネタ。

気合入れていきたいと思います。

 シビックのバッテリー位置はボンネットを開けて、車両前方から見て右側に

備え避けてありますので、まずはステーと、ターミナルを外します。

f:id:Mobius250:20180920165231j:plain

 必要な工具は二つ。8~10のメガネレンチ10mmのディープソケットをつけたレンチです。

10mmのディープソケットをつけたものであれば外せますので、そこは手に馴染む

ラチェットレンチだったり、T型レンチで大丈夫です。

f:id:Mobius250:20180920165031j:plain

 写真はバッテリーのターミナルを外した写真です。

ターミナル部分を外す時は、マイナス端子から外し。最後にプラスを外します

脱着作業中に工具とボディ接触によるショートを防止するためですね。

 ターミナルを外したら、純正のバッテリーステーを外しますが

こちらは簡単で、バッテリの上下を抑え込んでいる棒についている10mmのナットを

10mmディープで緩めるとJ字型の棒がとれるので、取り外します。

ちなみにこのJ字型の棒と10mmのナットはクスコのバッテリーステーを

装着する際に再使用するので失くさないように注意が必要です。

 バッテリー交換であれば、バッテリーを外しますが

今回はステーの交換なのでバッテリーは外さず、ステーだけ取り除きます。

f:id:Mobius250:20180920170519j:plain

 あとは、J字型の棒とナットのセットをクスコのバッテリーステーへ移植し

上記逆手順で取り付けすると完了です。

ターミナルの取り付けは、プラスから取り付けて、最後にマイナスをつけます

 

完成

f:id:Mobius250:20180920170940j:plain

 取り付け完了後、各部増し締めしてグラつかないか確認したら

バッテリステー交換完了ですっ

 写真は取り付け後のエンジンルームの様子ですが

バッテリー付近が非常に華やかになりましたっ

 ステー本体の作りも、純正と比べると非常に分厚く製造されているので

取り付けのガッチリ感は、さすがのクスコ製品といった感じで満足です。

入手方法と値段

f:id:Mobius250:20180920162807p:plain

 さて、今回の取り付けしたクスコのバッテリーステーですが

様々サイズがあり、バッテリーのサイズによってサイズを選ぶ必要があります。

今回シビック タイプR(FD2)に装着したタイプはCタイプになりますので

愛車に装着検討される方は、バッテリーサイズと適合を確認が必要になりますので

ご注意下さいっ

 

 入手方法になりますが、全国各地に存在するクスコ製品を取り扱いしているお店

ネット通販などで入手することができます。ただクスコ製品を取り扱いしている

実店舗自体は結構少ないので、購入となる主な手段はネット通販が便利かと思います。

※参考までに

 

 お値段になりますが、アマゾンだと2018年9/20現在では

サイズ別のお値段になりますが4680~4820円になります。

<Sponserd Link>

 

総括

 さて、久方ぶりのシビックネタでしたが

今回購入したバッテリーステー。やはりクスコ製品というだけあり

非常に満足する作りでした。

性能向上などはあまりないかもしれませんが、エンジンルームのルックスが

よくなった分、車に対するモチベーションが上がったので満足です。

 各種バッテリーサイズに応じたステーが販売されていますので

愛車のドレスアップにいかがでしょうかっ!

 

 さて、長くなってしまいましたが今宵は久方ぶりシビックネタというわけで

クスコのバッテリーステーについていろいろと書き綴ってみましたっ

 

 それではまた、次回の更新でお会いしましょうっ!!