独身男の愛車日記

趣味の車やバイク、お役立ち情報やDIY整備を中心に書き綴っていくブログですっ!

iPhone6 画面交換をしてみる

こんばんはっ!メビウスです

 

 いやはや、春の嵐といいますか。私の住む地域は絶賛の天気大荒れでございます。

昼間から小雨ときて、夕方には強風。今現在は雷が鳴り響いています。

www.mobius250.site

 そんなわけで、前回新発見したオイル漏れの追い込み診断をしようと

思っていたのですが、中々の強風と雨が車庫まで入ってくるので断念・・・。

明日天気が晴れたらやりたいもんですが、果たして収まってくれることやら・・・。

とはいえ、自然の事なのでなんともですが

希望を胸に、明日天気が良くなるよう。てるてる坊主でも作って祈ることにします。

そういえば、てるてる坊主って言葉。久方ぶりに使った気がします。

f:id:Mobius250:20180516203653j:plain

 

 さて、今宵はそんな春の嵐でしたので。もう少し後に直そうと思っていた

愛用のスマートフォンの画面がバキバキに割れてしまって

タッチパネルも部分的にしか反応しなくなり、使用に影響が出てきたので

前倒しで交換したので、その様子でも書き綴っていこうと思います。

 

 

iPhone6の画面がバキバキに。

f:id:Mobius250:20190327211723j:plain

 お目汚しですが、現在使用中のiPhone 6です。

使い始めて早4年。実は割ったのは今回が二回目でして。

前回は車から降りた拍子にポケットからスルッと画面から落ちてバキバキに。

今回は3か月前ほどに寝ぼけてスマホをベットの下に落下させてしまい小規模に割れ、

使用には問題なかったので使い続けていたのですが、日に日にクラック部分が広がり

現在に至る。という状況です(苦笑

 とはいえ、iPhoneの画面交換は友人の合わせて何件かやったことがあるので

今回は作業の様子をいろいろと書き綴っていこうと思い立ちましたので

何卒お付き合い頂ければと思います。

 <Sponserd Link>

 

今回使う SZM iPhone6 修理用フロントパネル 4.7インチについて

f:id:Mobius250:20190327212825j:plain

 ということで、今回画面を交換するために仕事の合間に注文しておいた画面が

丁度届いていたので、ご対面です。

今回購入したのは、何回か買っている画面。

SZM iPhone6 修理用フロントパネル 4.7インチを使います。

※参考までにっ!

 このSZM SHOPさんから販売されているセット内容では

画面本体、分解に必要な工具一式がセットになっているので

初めて交換される方でも、これ一つで交換できるのでオススメですっ

f:id:Mobius250:20190327213824j:plain

 梱包を解いてみるとこのような感じです。白いパッケージのものが

画面本体。あとは必要工具一式ですっ

f:id:Mobius250:20190327214904j:plain

 分解に取り掛かる前に新品の画面を出してチェック。

いやはや、割れてない画面というのはいいですねっ!(笑

とてもキレイで違和感を覚えます(汗

割れた画面に見慣れていたのが影響しているかもしれませんが・・・。

f:id:Mobius250:20190327215049j:plain

 あとはせっかく画面を変えるので、新しい画面保護フィルムも

ドンキホーテで調達しておきましたっ これで準備は万端ですっ!

分解 1 画面の脱着

 それでは分解を進めていくわけですが、分解する前に

iPhone主電源をオフにします。

 画面が割れてしまっていて、スライドでオフにできない時は

主電源ボタンとホームボタンを同時押しで長押しすると電源を落とすことができるので

分解前は必ず電源をオフにしてくださいっ

f:id:Mobius250:20190327215249j:plain

 電源をオフにしたら、iPhone本体の下部にある

ライトニング端子の左右にある星形のネジ二か所を外します

f:id:Mobius250:20190327215522j:plain

 今回使うセットの場合、付属工具に五角形の星形ドライバーが同梱されているので

これを使いますっ

あくまでプラスネジではないので、間違ってプラスネジで外そうとすると

ナメてしまって脱着が困難になる恐れがあるので適切なドライバーの使用をオススメしますっ

f:id:Mobius250:20190327215834j:plain

 ネジを外したら吸盤を使って、画面を上方向に引っ張ると画面が浮いてくるので

そのまま持ち上げて画面を浮かせていきます。

 画面の割れ方によっては吸盤が使用不能な場合があるので

その時は精密ドライバーのマイナスにマスキングテープなどを貼って

優しくこじると浮いてくるので脱着できます。

f:id:Mobius250:20190327220132j:plain

 浮かせて持ち上げていくと、写真のような状態になります。

状態的には画面上端部分に二か所、ツメで固定されている状態ですね。

 ただし、このままでは画面と本体側が配線でつながったままなので

しばらくは画面を持ち上げて、手で支えながら配線に負荷が

かからないように作業してきます。

f:id:Mobius250:20190327220503j:plain

 次が配線の脱着作業になります。写真赤丸の五か所のプラスネジを外していきます。

写真では作業途中に撮影したので外れていますが、実機ではついています(苦笑

f:id:Mobius250:20190327224406j:plain

 ネジを外すと、さきほどの金属プレートが外れて

画面を繋ぐ配線が出てきます。写真赤丸の部分ですね。

続いてこちらを外していきます。

 配線自体は小さいコネクタで刺さっているだけですので

付属のプラスチックのヘラで持ち上げるとパコパコと外れます。

すんなり外れますが、ゆっくり優しくです。

 あと重要なのは、外した時の配線の取り回しをしっかりと覚えておきます

不安な時は、写真が残せる環境であれば画像で残して

写真が撮れない場合は、メモなどに自分がわかるようにスケッチしておくことを

オススメしますっっ

f:id:Mobius250:20190327224914j:plainf:id:Mobius250:20190327224948j:plain

 配線を外すと、画面と本体が分離できるようになりますので

ここまできたら、画面のみでの作業になりますので

本体側は放置になります。

 

分解 2 ホームボタンの脱着

f:id:Mobius250:20190327225248j:plain

 ここからは画面側の作業になりますが、ホームボタンの取外しを行っていきます。

まずは写真赤丸部分二か所のプラスネジを外してホームボタンの

バックプレートを外します

f:id:Mobius250:20190327225424j:plain

 続いて、ホームボタンの配線。写真赤丸部分のコネクタを外します

この場所も、ただ刺さっているだけなので画面を分離する時と同じように

ヘラで起こすとすんなり外れます。

同じく力加減に注意ですっ

f:id:Mobius250:20190327225656j:plain

 配線を外すとホームボタンが外れます。

いかんせん部品が小さいので、外したネジ、ホームボタンの紛失に注意ですっ

<Sponserd Link>

 

分解 3 フロントスピーカーユニットとフロントカメラの脱着

f:id:Mobius250:20190327225853j:plain

 続いて、電話する際に耳を当てる部分。フロントスピーカーユニットと

自撮りなんかするときに使う画面側のフロントカメラを外していきます。

 少し写真がボケてしまっているのですが、写真赤丸三か所のプラスネジを

外して、バックプレートを外します

f:id:Mobius250:20190327230104j:plain

 バックプレートを外すと、スピーカーとカメラがフリーになります。

純正状態だと粘着テープで固定されていたりとマチマチですが

この部分はほぼバックプレートで固定されているだけなので

テープでくっついている場合はヘラなどを使って、優しく外していきます。

 自分の場合、テープは使わなくても大丈夫かな?という感じなので

大雑把作業ですが、今回はテープは使用せず組み上げていきます。

f:id:Mobius250:20190327230639j:plain

 バックプレートを外していくと、フロントスピーカーとフロントカメラユニットが

分離できました。こちらも移植に備えて厳重に放置します(謎表現

 

分解 4 画面裏バックプレートの脱着

f:id:Mobius250:20190327230942j:plain

 さて、ここまでくればあとはとても簡単です。

赤丸部分の八か所のプラスネジを外して、画面裏のバックプレートを外します

f:id:Mobius250:20190327231343j:plain

 バックプレートと画面の分離が完了し、あとは今まで外した部品達とが

完全に外れた状態になりましたので、引き続き新品の画面に移植していきます。

 

組み上げ

 上記の状態にまで分解・脱着を行ったら

分解の逆手順で組み上げていきます

 ホンダのサービスマニュアルを読むと同じような文面が存在しますが

組み上げはシンプルに、行ってきたことを逆手順で組み上げていきます。

なので、分解した時の手順と要領を思い出しながら慎重に組み上げていきます。

<Sponserd Link>

 

組み上がりと動作チェック

f:id:Mobius250:20190327231903j:plain

 写真のものが組みあがった直後のものです。

分解前のバキバキさが完全に消え、まるで買った当時に近い状態まで直りましたっ

なので指紋一つ付いてない状態で買ってきた保護フィルムを貼っておくことに。

f:id:Mobius250:20190327232118j:plain

 保護フィルムも貼り、いざ動作の確認を行います。

電源のスイッチを入れると、うまいこと起動したのでとりあえず安堵です。

 続いて各種機能の点検を行います。

タッチパネルの動作、フロントスピーカーの鳴り具合、ホームボタンの動作確認や

フロントカメラの移り具合などをチェック。

どれも異状が見られないので大丈夫ですねっ

3度目の画面交換は無事完了ですっ

 

画面交換の相場と、自分で交換する際のデメリット

 画面交換を終えたわけですが、画面修理の値段をすると

アップルの正規ショップで交換をすると保証サービス加入では

3400円。保証対象外だとiPhone6だと14800円が相場です。

あとは非正規修理店なんかでは大体5000円~12000円など差があるようですね。

安さで画面修理に限って言えば、

 

自分で修理 > 保証適用の正規ショップ > 非正規修理店 > 保証対象外での正規ショップ利用

 

といった感じですね。

 デメリットは言わずもがなというか、自分でやる際に脳裏に過るのが

自分で交換をした後の、正規店でのサポートですが

自分でやってしまうとこういったサポートは保証外になるので

大きなデメリットとなります。

 

自分の場合、保証プランをケチってしまったので自力で修理を行っていますが

保証プランなどに加入している方は正規店で直したほうが無難ですね。 

 

総括

 自分にとって3度目となったiPhoneの画面交換。

今回は写真を撮りながらでしたが、作業時間は大体1時間に満たないほどで

作業を終えることができましたっ

 バキバキに割れた画面で大変不便でしたが、再び傷一つない状態に戻ったので

モヤモヤがすっきりした感じですねっ

割れてないって素敵なことです(笑

今度こそ割れないように丁寧に扱いたいものですね。

 

 さて、非常に長くなってしまいましたが

今回は、車やバイクの話題から逸れましたが

iPhoneの画面交換について、いろいろと書き綴ってみましたっ!

自己流な部分だったり、損傷具合などによっては手順に修正が必要な部分があったりと

様々予想されますので、参考にされる方は何卒ご注意のほどお願い致しますっ!

 

 それではまた、次回の更新でお会いしましょう!