独身男の愛車日記

趣味の車やバイク、お役立ち情報やDIY整備を中心に書き綴っていくブログですっ!

CBR250RR(MC22) オイル漏れ診断 その2

(っ>ω<c)こんばんはっ! メビウスです

 

 いやはや、連日天気が優れずバイクバイクしようと試みてはいるのですが

中々天候が回復しません。

今日の朝は、ほんの少しですが雪なんかも降ってました(泣

春はどこへやら・・・。

とはいえ、今から嫌でも暑くなってきますし、気長に待つことにします(笑

<Sponserd Link>

 

 さて、季節ではありませんが。話は移り変わりまして

今宵はCBR250RR(MC22)のオイル漏れ診断の追い込みといいますか

今まで行ってきた外観からの診断も踏まえて、

エンジン内部で診断できるところに踏み込んでみたので

その様子をいろいろと書き綴ってみたいと思いますっ!

 

前回までのオイル漏れ診断は

www.mobius250.site

 海外ドラマのあらすじのようなタイトルになりましたが

遡ること去年の6月。各回転数別にオイルがどのような形で漏れてくるのかを

診断しました。

 

 そもそもの事の発端はというと、納車されて二月ほど経った頃なのですが

通常の街乗りしていて、いざバイクを止めたときにちょっとオイリーな感じに

にじみ出ていたのを見つけたのがキッカケでした。

www.mobius250.site

 過去の記事になりますが、時期的にはこの記事を書いていた当たりですね。

このあたりからエンジンからオイルが漏れていると疑いを始めていましたが

上記の通り、本格的に外観でチェックしていくと漏れていることが確信に至り

いろいろガスケットやらなにやら揃えることになりました。

 

 ・・・しかし、仕事やらなにやら。その後、KSRの話がやってきて

そのままノリと勢いでKSRが襲来したりと。いろいろやっていたら

年を越してしまった次第です(泣

f:id:Mobius250:20180712173304j:plain

 

オイル漏れ診断 パートⅡ 作業場所の確保

f:id:Mobius250:20190328221555j:plain

 というわけで今回は、実質オイル漏れ診断の続きと題しまして

西部警察よろしくパートⅡとして進めていきたいと思います。

f:id:Mobius250:20190328221842j:plain

 そんなこんな、作業に取り掛かる前に。作業場所の確保を。

殺風景ではありますが、家族の車を外に出し

冒頭の通り、天気も悪く強風が吹き荒れているのでシャッターも締め切って

作業に取り掛かります。

むしろ、昨日やる気満々だったのにシャッターを閉める選択肢が出てこなかったのは秘密

 ペール缶のイスと、工具一式が入ったキャビネットを近くにもってきて

座りながら作業できるようにします。

車なんかだとやり辛いですが、バイクぐらいの高さに部品があると

座りながらできて楽ですが、どっちみて移動したりとあれなので

イスは気休め程度に・・・。

f:id:Mobius250:20190328222440j:plain

 あとはこういったブルートゥーススピーカーなんかも用意して

好きな音楽を流せば、自分だけの作業場完成です(笑

f:id:Mobius250:20190327232118j:plain昨日直しておいてよかった(泣

 

プラグの脱着とプラグホールの点検

f:id:Mobius250:20190328222949j:plain

 それでは診断に取り掛かっていくため、外装部品。

自分の場合はアッパーカウルを外した状態からでスタートしていきます。

 写真は4番側のイグニッションコイルが刺さっている位置ですね。

タンクを外した状態でアクセスも考えましたが、とりあえずプラグ周りを

見るので、タンクはついた状態で外装だけ取り払った状態で、見ていきます。

f:id:Mobius250:20190328223234j:plain

 イグニッションコイルをカポッと取り払い、

ラチェットにエクステンション+ユニバーサルソケット+16番のプラグソケットを

組み合わせて、スパークプラグを脱着していきます。

f:id:Mobius250:20190328223530j:plain

 案外すんなりと取れましたが、なにやら異様に緩く締まっているような。

写真のものは4番のプラグです。電極付近はともかく

コイルの刺さっている部分もなにやらオイリーな感じがします。

あとはコロナはなんかも出ていますが、それは置いておいて被り気味ですね

f:id:Mobius250:20190328223858j:plain

 続いて、プラグホール側のチェックに移りますが

普通に覗き込もうにもスペースの関係で目視できないので

iPhoneをぶち込んでマイクロスコープ代わりにチェックしてみます。

 写真のものが、4番プラグホール内部の大まかな状況ですが

完全に漏れていますね。

写真赤丸で覆っている黒い境界線の部分。ここにヘッドカバーに埋め込まれた形で

プラグホールガスケットがありますが、その境目からオイルが漏れています。

f:id:Mobius250:20190328224713p:plain

 現在、CBR用のパーツリストの1編、2編を注文していますが

拾ってきた部品構成図を参考にすると、写真4番の部品ですね。

ここがダメになり、シールとして役目をはたしていないということになります。

f:id:Mobius250:20190322233354j:plain※以前撮影したもの

 これならば、以前チェックしたエンジンのフィンに設けられた穴から

オイルが滴ってくるのも合点がいきます。

エンジンが温まり、オイルが軟化。プラグホールに侵入し、穴から滴ってくる。

といった流れでしょうか。

f:id:Mobius250:20190328225042j:plain

 プラグホールはスマホがこれ以上入っていかなかったので撮影を断念しましたが

続いて三番のプラグ。

これまた締まりが緩いような気がします。ガスケットもそんなに潰れていないような。

それはともかく、何やら被り気味です。

とはいえコイル側はオイリーな感じがしません。

f:id:Mobius250:20190328225701j:plain

 続いて二番のプラグ。こちらは異様に固く締まっていました。

その影響もあってか四番、三番と比べると少し潰れているような気がします。

状態は同じく被っています。

こちらはコイル側が若干オイリーな感じがしますので

ここもガスケットがやられている感じですかね

f:id:Mobius250:20190328225843j:plain

 そして一番のプラグ。被りとコイル側がオイリーな状態。

どうやら少なからず軽度だったのは三番だけのようですね。

<Sponserd Link>

 

診断結果

 今回、プラグホールを直に見てオイルが漏れているのを確認できました。

なのでこれまで行った外観による診断も含めると

恐らくエンジン周りの主要ガスケットがやられているという判断に(泣

年式が年式なので、何があっても疑いませんが・・・。

コツコツと直していこうと思います(泣

f:id:Mobius250:20180614223149j:plain

 

 

 そんなこんなあり、とりあえず診断の追い込みが完了しました。

さすがに深く知ってしまったからには、悲しいですがニダボは封印するしかありません

いろいろ直すまでお預けですね。

 あとは部品の調達。上記でも触れましたが

今後に備えて、とりあえず中古のパーツリストを注文しているので

ヘッドカバーパッキン一式とプラグホールガスケットの部番がわかり次第

順次そろえていこうと思います。

 ヘッドカバーパッキンは多く出回っているんですが

ボルト部分のパッキンだったり、プラグホールの部品は

純正、社外合わせて全然出回ってないんですよね。

 

 というわけで今後ニダボは修理メインになるかと思いますが

暖かく見守って頂ければと思いますので、何卒よろしくお願い致します。

KSRFZRも控えているけど

 

 長くなりましたが、今回はニダボのオイル漏れ診断の追い込みをしてみましたっ

それではまた、次回の更新でお会いしましょうっっ!!!