独身男の愛車日記

趣味の車やバイク、お役立ち情報やDIY整備を中心に書き綴っていくブログですっ!

北海道ツーリングに行ってきた件について パート3

こんばんは!メビウスです

 

 毎度ながらの生存報告・・・。と思わせておいての更新となります(笑

短いスパンで投稿できるように努めたいところですが

私もしがない独身のサラリーマン・・・

疲れてしまう前に、フローリングでゴロ寝を決め込む前での投稿です!

<Sponserd Link>

 

 さて、前回は近況のご報告をさせて頂きましたが

今回は気を取り直して、今年の夏季休暇で行った来た

北海道ツーリングの振り返りパート3になります。

三日目の出来事になりますが、移動距離が長かったので

少し長くなるかとは思いますが、お付き合い頂ければと思います。

 

帯広から網走に向けて

www.mobius250.site

 前回は帯広に泊まって終えてのスタートになります。

この日の予定は帯広から網走。網走から旭川へという中々の長旅になりますね。

 

f:id:Mobius250:20190915222216j:plain※帯広の朝

 天気は相変わらずの曇り。というのも、当時は台風が近づいていた影響もあってか

終始晴天という訳にはいきませんでした。

悔やまれるといえば悔やまれますが、これもまた旅の一興。

曇りの日もまた楽しみと捉えれば、前向きになれるというものです。

 

網走珍道中

f:id:Mobius250:20191004234840j:plain※道中の足寄にて

 網走へ向かう道中。親父と共にあることを考え着きます。

"これから見つけた道の駅に寄っていく"という縛りを慣行。

目的地までただ向かうだけというのも、味気ないということでの縛りですね(笑

とはいえ、道の駅でしか売っていないご当地ステッカーなんかも入手したいと

思っていたところでしたので、この縛りは正解でした。

f:id:Mobius250:20191004235158j:plain

 足寄は、歌手の松山千春さんの出身地だそうで

道中によったあしょろ銀河ホールの屋外では曲が流れていました

自分はそこまで詳しくはないですが、一度は聞いたことがある有名な人ですね

意外な遭遇でしたっ

<Sponserd Link>

 

本当の"道の駅"

f:id:Mobius250:20191004235633j:plain

 足寄を離れ、再び道のりに戻った矢先。今度は本物の駅と遭遇しました。

といっても、すでに廃線した駅を利用した道の駅。

これが本当の道の駅とでも言わんばかりです。

f:id:Mobius250:20191004235757j:plain

 駅の方はとても年季の入った作りで、ここでは本物の電車を使った

運転体験ができるらしく、鉄道マニアの方の列ができていましたね

それもそのはずですよね、本物の電車を運転できる またとない機会です。

運転してみたいなぁと思ったものの、列の長さで断念・・・

どちらかといえばこちらの方は玄人向けのコンテンツなのに対して

きちんとファミリー向けのトロッコなんかもありました。

 

もしも自分が、小学生低学年ぐらいの年頃の時に訪れていたのであれば

きっと泣いてせがんでいただろうな。と親父がゲラゲラと笑っていましたが

今振り返れば、なんとも恥ずかしい会話でございましたね。

 

網走へ

f:id:Mobius250:20191005000747j:plain

 はてさて、道中は北海道らしい道のオンパレード。

・・・ついでに距離もとてつもなく長いですね(笑

余裕で県をまたぐぐらいの距離を走りました。

f:id:Mobius250:20191005000925j:plain

 そんなこんな。涙あり、困難あり、ポロリありの道のりを超え

網走へとやってきました。網走といえば網走刑務所。

さぞかしゴールデンカムイとコラボしているんだろうな。

と予想をしていましたが、案の定。売店ではコラボを実施中でございました。

f:id:Mobius250:20191005001327j:plain

 外観はとてもレトロというかノスタルジックですね。

こういう大正ロマン的な建物は大好物です。

f:id:Mobius250:20191005001435j:plain

 網走でも海鮮丼改め、サーモンいくら丼をいただきました。

海が違うだけで味が全然違いますねっ

味は黙して語らず。言うまでもなく最高でございましたっ

 

旭川

f:id:Mobius250:20191005001852p:plain

 網走にて、地元で待つ嫁・・・。いえ二次元のほうですが

少しシャイで画面から出てこない嫁のためにお土産を買い・・・

いえ、訂正しましょう。地元の知人・友人・家族にばら撒くお土産ですね(泣

それらを宅急便で送り、この日宿をとってある旭川へと向けて出発します。

 画像はスマホのマップでの目安ですが、高速利用でも3時間20分。

北海道をほぼ横断する勢いでの出発ですね。

当然下道を利用するので、この時間よりもっとかかります(泣

 

トラブル発生

 網走から旭川を目指す道中。丁度網走と旭川の真ん中あたりにきて

恐れていた自体が起きました。トラブル発生でございます。

走っていると、ブボボボボボとニダボのエンジンがストール。

止まった場所が人気のない山道で、すでに陽も沈みかけの状況。

うーん困ったと、とりあえずバイクを降りて

ガス欠かなぁ、ガス欠だろうなぁ。と思いながらタンクをゆすってみると

案の定のガス欠(笑

とりあえずリザーブにそっと切り替えてエンジンを始動して

エンジントラブルじゃないことに一安心して、どれどれ近くのガソリンスタンドはと。

思いながら調べると、最寄りのガソリンスタンドまでおよそ100km・・・。

しかも網走方面にある北見市という場所にあるのが直近でしたので

そこまで戻る形となりますが、自分の慢心が招いたことだと喝を入れつつ

戻ることにしました。

 燃料をセーブするために低回転、下り坂はニュートラル。

迫ってくる車は全部追い抜かせ、スロットルを回しすぎないように

注意しながら進んでいました(笑

<Sponserd Link>

 

 それからしばらくして、もうすっかり日は沈んだ頃

ようやく北見市まで戻り、直近のガソリンスタンドが見え

丁度インカムをしてのツーリングでしたので、

"やったー!ついたぞぉ!!!俺たちの勝ちだぁぁぁぁぁ!!!"と

良い歳してお互い雄叫びをあげておりましたが

ガソリンスタンドの100m手前くらいでブボボボボボと二度目のストール。

インカムにて"ぬぅあーギリギリだめかぁぁ"といった時のことでした

親父が"後ろのキャリア掴め。引っ張ってやる"と言ってきたので

右手でリアキャリア部分を掴み、100mほどではありますが

仲良くワンツーフィニッシュを決めたのでした。

・・・親父。恩に着るぜ

f:id:Mobius250:20191005004404j:plain

 ガス欠して、最悪野宿するしかないという話にもなっていたので

見えたガソスタが天国に見えましたね。

上の写真がガソスタで撮ったすっからかんのタンクです。

ものの見事に底の底まで使い切った状態。

走っている当時は生きた心地がしませんでしたが、

いい土産話ができたのでした。

 

そして、その日その時。僕たち私たちが得た教訓は、

北海道でガソリンスタンドを見つけたら寄れるときは寄っておく・・・。

という当たり前のような教訓を得たのでした。

 

何はともあれ、お互い無事でしたので 地元に帰ってからは

この話題で美味しいお酒を頂いたのは、また別の話でございます。

 

その後は、時間はかかりましたが

無事に旭川に到着して、宿についた瞬間に爆睡を決めて

長い三日目は終わったのでした。

 

 

 さて、今回は三日目の話を書き綴ってみましたっ

 

次回は四日目へと続きますので、引き続きではありますが

何卒よろしくお願いいたしますっ

 

 それではまた、次回の更新でお会いしましょう!!!